所感に惚れたことがきっかけで声優君という本職に憧れを抱くようになりました

元凶は気になるコミックを見た事件だったんです。周辺に勧められて見たのだけど、その中に起こる自力の個性の主張に惚れちゃったんです。私もそうですけど、日常の中で周辺だったり家内だったりと自分の好みの声の方に出会うことってめったにないんです。主張がホビーじゃなから家内のことを嫌いになるとかはないんですけど、むしろ好みの主張って聞きたいっておもう時があるんです。そんな時に出会ったのが声優の井上和彦様でした。声優様はいくつもの口調を持っていますし、役によって取り替えるんだけど、こちらが惚れた井上様の主張は普段の主張にかなり近いんです。それからは声優様にハマってしまって井上様が一番娯楽は変わらないけど、他にも好きな声優様は何方かいます。声優の方はコミックだけじゃなくてマッチの個性の主張を演じていることも多いんです。大してマッチをする人ではなかったのですが、好きな声優様の主張が聞きたいのでいくつかマッチを通している。ちょっと、ここまで声優様に囚われるは思ってもいなかったのですが楽しくて充実しているんです。声優様が出ている祭りなどもあるのですが、個性よりも主張に愛するのでそいう祭りには依然として行ったことがないんです。祭りの多くが関東でやっていて、こちらは関西に住んでいるのでいいくのが大変ということもありますが、主張が聞ければ幸せなので家でマッチをしたりコミックを見たりして主張を聞いて楽しんでいます。http://clarkscoinlaundry.com/